about Kuromoji
クロモジの可能性

クロモジについて

四季

クロモジは日本の山地に自生するクスノキ科の落葉低木で、爽やかな香りが特長です。枝に黒い文字が浮き出たように見えることが名前の由来となりました。春先に黄色の小さな花が咲き、夏には実がつき、秋にはあざやかな黄葉など四季を楽しめる庭木でもあります。

文化

また、高級楊枝や香木、お茶、垣根など古くから日本の文化の中で使われてきた、実は馴染みのある木です。

クロモジの香り

クロモジの枝や葉にはリナロールという芳香成分が含まれ、ウッディーで透明感のある爽やかな香りがします。この成分は副交感神経を優位にし、ストレス解消や精神安定などのリラックス効果をもたらすと期待されています。

クロモジの作用

リナロールは香りだけでなく、抗菌活性や保湿作用に優れ、トラブル肌の改善など皮膚のハリ回復が期待できます。他にもクロモジエキスに関しては抗ウイルス作用が期待されます。今後の研究が注目されています。

LiNESTはクロモジ 研究会に所属しております。
クロモジに関します様々な情報がご覧いただけます。